科目構成について

 

1. 原子力コア科目

 人・社会に関する教養そして原子力に関係する基盤的知識を俯瞰的に学べます。修士1年生を想定した毎年開講の準必修科目です。(修士1年生以外の学生も履修できます。以下は2012年度の科目です。)

 

image_edu_id3-2

 

2. 専門基礎科目

 原子力の各専門分野において必須となる知識と思考方法を体系的に学べます。 修士課程の学生を想定した毎年開講の選択科目です。(博士課程の学生も履修できます。以下は2012年度の科目です。)

image_edu_id3-3

 

3. 特論科目

 原子力に関係する最先端の専門学術をテーマごとに深くかつ包括的に学べます。他専攻や他研究科と共同で実施する講義なども含まれます。原則隔年開講の選択科目です。(以下は2012年度時点での科目です。)

image_edu_id3-4

 

 

4. 輪講・演習・実習科目

 輪講(英語でのプレゼンテーションと質疑応答)や修士演習(複数の研究室でのプロジェクト型演習)を通して、領域横断的な広い視野と多様な経験を体得できます。また、海外(IAEAなど)・国内(JAEAなど)でのインターンシップや実験施設実習などの体験型学習により、国際舞台での行動力や、専門知識の実践力も鍛えることができます。(以下は2012年度の関連科目です。)

image_edu_id3-5