専攻教員の書籍・論文

 

上坂教授

"Femtosecond Beam Science", Imperial College Press (2005)
15年に渡る世界の仲間との研究をまとめ上げた。X線自由電子レーザーなど世界のフェムト秒ビーム科学の先導となった。編集は当時研究室挙げて行った。

「医学物理の理工学」、養賢堂、上巻(H24)、下巻(H25)
東京大学医工連携部放射線医療分野を核として5年行った研究会活動内容をまとめた。日本初の研究開発型医学物理の参考書。

「原子力構造工学」、オーム社(H21)
原子力専攻(専門職大学院)教科書シリーズ(日本で30年ぶり)の1巻。ネットで四つ星半。Springer社から英語版出版(H25)。IAEA共同でDVD版出版(H26)。

斉藤准教授

私自身が修士課程の頃,ぼんやりと考えていた研究の種が,10年後,学生さんとの実験,議論を通して,一夜にして結実した例の一つです.このようなセレンディピティもあれば,少しずつ形作っていくタイプの研究もあります.分からないこと,上手くいかないことを,自身の好奇心と探究心,そして,仲間との協力で解決していく,その過程が研究の醍醐味だと思います.

関連論文:
Saito, T., Sao, H., Ishida, K., Aoyagi, N., Kimura, T., Nagasaki, S. and Tanaka, S.: "Application of Parallel Factor Analysis for Time-Resolved Laser Fluorescence Spectroscopy: Implication for Metal Speciation Study", Environ. Sci. Technol. 44, 5055-5060 (2010).