【受賞/表彰等】酒井研究室(M2)高畑和弥さんが日本原子力学会計算科学技術部会において部会学生優秀講演賞を受賞しました。


【受賞/表彰等】酒井研究室(M2)高畑和弥さんが日本原子力学会計算科学技術部会において部会学生優秀講演賞を受賞しました。

 

■受賞日
2017年3月27日
     
■氏名
高畑和弥

■学部・研究科、学科(類・課程)・専攻等 と 学年
工学系研究科 原子力国際専攻 修士2年

■受賞した賞の名称と簡単な説明

2017年3月22日、酒井研究室(M2)高畑和弥さんが日本原子力学会計算科学技術
部会において部会学生優秀講演賞を受賞しました。
日本原子力学会計算科学技術部会のセッションでの発表は、原子力工学の計算力
学に係わる成果発表の場として年2回開催され、優秀な発表を行った学生を対象
に学生賞の表彰を行っています。

■受賞された研究・活動について
「シビアアクシデントにおける炉内溶融のための伝熱・流動現象のモデリング」

シビアアクシデント発生時には、炉内は高温・高放射線量という過酷な環境と
なるため、直接観察することができなかった。現在、事故進展の把握に、数値
シミュレーション技術の導入が期待されている。溶融現象は自由液面の大変形を
伴うため、自由液面流れの模擬に優れたMPS(Moving Particle Semi-implicit)法
による解析が行われている。しかし、伝熱解析において、既存のMPS法では、
Dirichlet境界条件しか与えられなかった。本研究では、MPS法におけるNeumann
境界条件の設定手法を開発し、初めて熱流束による溶融現象の模擬に成功した。

■今後の抱負・感想
今回、このような賞をいただき、大変光栄に思います。熱心に指導してくださっ
た酒井幹夫准教授をはじめ、サポートしてくださった研究室の皆さんに御礼申し
上げます。今後もモデル開発を進め、数値シミュレーションの適用範囲を拡充し
ていきたいと思います。

■Name
Kazuya Takabatake

■Faculty/Graduate School, Department (Stream / Program) / Major
2nd year of MSc student
Department of Nuclear Engineering and Management
School of Engineering

■Name of award and short explanation about the award
Student presentation award

I received this award from Atomic Energy Society of Japan.

■About awarded research
"Thermal hydraulics modeling on core melting in severe accidents"

When the severe accident occurs, the direct observation is impossible
due to the severe environment such as high temperature and high
radiation dose.
The introduction of numerical simulation techniques is desired
for the analysis of the severe accident.
The MPS (Moving Particle Semi-implicit) method is well-known as a
feasible method for simulating the violent motion of free surface
fluid flows during the phase transition.
However, the boundary condition was limitted to the Dirichlet boundary
in the existing MPS method.
In this study, we developed a new modeling of the Neumann boundary
condition in the MPS method and succeeded the representation of the
melting phenomemon due to the heat flux boundary.

■Your impression & future plan
It's a great honor to win this prize. I would like to thank Prof. Mikio
Sakai for his excellent supervision. I'm going to develop new models
in the future to encourage the introduction of the numerical simulations.