カリキュラム

 

 本専攻の講義科目は、1. 原子力コア科目2. 専門基礎科目3. 特論科目の3種類に分類され、講義は原則英語で実施されます。また、講義科目以外に、体験型学習として 4. 輪講・演習・実習科目も設けています。なお、外部講師によるオムニバス形式の特別講義も開講される場合があります。

 

image_edu_id3-1

 

 

 

学位審査について

 本専攻では、修士論文については中間審査と最終審査、博士論文については予備審査と本審査、それぞれ二回の学位審査があります。また、追加的審査として年に一度、修士課程および博士課程の大学院生は全員、輪講の場において英語でのプレゼンテーションが義務付けられています。(ただし、輪講の聴講自体は必修ではありません。)