原子力国際専攻の教員紹介

 

 

阿部先生写真

阿部 弘亨 教授
あべ ひろあき/1966/大分
abe.hiroaki@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

材料開発から目指す究極の原子力安全

  地球規模の課題や原子炉事故を受けて、原子力安全を支える材料の重要性は高まっています。私たちは、将来のエネルギー源として期待される核融合炉や新型原子炉(第IV世代炉)の開発、および現行原子炉の安全性向上に資する材料研究を進めています。原子炉という極限環境における鉄鋼材料やZr合金の劣化(照射、腐食、水素化、等)のメカニズムを、微細組織分析と機械強度測定から解明しています。それを発展させ、新材料や新しい試験法も開発しています。研究手法は多彩で、顕微鏡法として透過電子顕微鏡(TEM)、超高圧電子顕微鏡(HVEM)、加速器結合型電子顕微鏡、走査電子顕微鏡(SEM)、電子後方散乱回折(EBSD)等、また機械試験法として改良型中子拡管(A-EDC)試験、引張試験、クリープ試験、ナノ硬度等、さらに理論的評価として有限要素法(FEM)や分子動力学法(MD)を活用しています。

兼担の専攻・センター等

原子力専攻

キーワード

原子炉、核融合炉、原子力材料開発、極限環境下劣化メカニズム、照射損傷、放射線物性工学

 

石川 顕一 教授
いしかわ けんいち/1969/大阪

ishiken@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

アト秒レーザー科学と重粒子線治療

  最先端のレーザーパルスや重粒子線ビームが物質・生体中に引き起こす効果とその応用を、理論・シミュレーションを武器にして研究しています。前者は、アト秒科学・高強度場現象といわれる新しい研究分野で、高強度超短パルスレーザーの場における、物質(とくに原子・分子)の量子力学的な振る舞いを研究しています。とくに、高次高調波発生と呼ばれる過程で軟エックス線パルスが発生する現象や、原子・分子中の電子のアト秒時間スケールの運動を、原子物理学的手法や量子化学的手法を駆使して研究しています。このような研究が明らかにする電子の動きは、放射線生物効果の解明にとっても重要です。後者では、重粒子線がん治療用の線量計算手法の開発を行っています。臓器の動きを考慮した線量計算や、2次発がんや低線量被ばくのリスクを評価するための全身線量計算などの研究を進めています。

兼担の専攻・センター等

光量子科学研究センター、物理工学専攻、理学系研究科物理学専攻

キーワード

アト秒科学、第一原理計算、重粒子線治療、線量計算、放射線生物効果

 

糸井 達哉 准教授
いとい たつや/1976/神奈川

itoi@n.t.u-tokyo.ac.jp

構造物の地震リスク評価とそれに基づく安全論理を考える

 地震に代表される自然災害リ スクのモデリングやリアルタイム地震防災をはじめとするリスクマネジメント、リスク情報に基づいた構造物の設計法に関する研究課題に取り 組んでいます。自然災害リスク評価とリスクマネジメントでは、自然災害や構造物に固有のランダム性だけではなく、少ない統計データや未解明なメカニズム、専門家間の意見相違も何らかの形で考慮する必要があり、以上を踏まえた安全論理の構築に取り組んでいます。

兼担の専攻・センター等

 

キーワード

自然災害モデリング、地震工学、リスクマネジメント

 

上坂 充 教授
うえさか みつる/1957/神奈川

uesaka@nuclear.jp

 

先進小型ビーム源の開発と利用

 Sバンド(2.856GHz)電子線形加速器、Xバンド(9.3-11.424GHz)950keV,3.95MeV,6MeV可搬型電子ライナックX線源、光ファイバーレーザーを開発し、がん治療、各種プラント・橋梁のその場透視検査、放射線生物学に適用して、社会に貢献します。バイオ・医療応用は、医学用はバイオエンジニアリング専攻やビジネスベンチャーと協力し、X線薬品送達システムも導入し、ピンポイントX線動体追跡がん治療システムの実現を目指します。世界の大学院・研究機関との共同研究と、学生の短中長期のインターンシップ・留学を推進します。

兼担の専攻・センター等

バイオエンジニアリング専攻

キーワード

先進小型ビーム源、極短マイクロビーム、がん治療、非破壊検査、放射線生物

 

 

エルカン ネジェット 特任准教授
えるかん ねじぇっと//トルコ

erkan@n.t.u-tokyo.ac.jp

原子力安全および重大な事故のための実験的および数値的核熱水

自己紹介

実験的方法および装置は、最近非常に高度なレベルに達している。並行して、コンピュータを用いた計算は膨大な計算容量を獲得し、高度なモデリング技術を採用することにより、以前よりも複雑なシステムをシミュレートすることが可能になった。デジタル世界の成果を検証するためには、高品質な実験データ(多種多様、高次元、高精度、正確)が非常に必要です。原子力の安全性向上と原子力事故の理解を高めるために、熱水力に関する実験や数値シミュレーションを実施しています。我々は、高品質の現実のデータを取得するために流体の流れと熱流(PIV、PIV / TSP、シャドウグラフなど)診断に高度な可視化/測定技術を使用/開発しています。 OpenFOAMやRELAP / SCDAPなどの計算ツールと実験で検証されたそららのモデルは、原子力発電所システムでよく見られる熱水力機構の理解を高めます。

兼担の専攻・センター等

 

キーワード

原子力熱水力学、核安全、シビアアクシデント、粒子画像流速想定法(PIV)、OpenFOAM

 

大野 雅史 准教授
おおの まさし/1973/京都
ohno@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

超伝導量子センサが切り拓く原子力基盤計測

 放射線計測学は光や電子、粒子線等と検出媒体の物理的あるいは化学的な相互作用により生じる微弱な信号を低ノイズ環境において増幅して読み出し、適切な信号処理を経てはじめて計測データを得る一連の知見を体系化したものであり、物理学、化学はもちろん、微細加工、電子回路技術から高度な情報処理に至る多くの学問領域の上に構築される学術です。これらの学問に精通した者が、先進のナノテクノロジーや集積デバイス技術、エレクトロニクスを駆使することにより、極限にまで放射線計測技術を高度化し、従来見えなかった物理現象や生体現象を放射線をツールとして初めて見る・観察することを可能にしていく、このような研究こそが、最先端科学を切り開く行為そのものと言えるでしょう。当研究室では、極低温物理、超伝導現象、量子効果等を巧みに利用した革新的なデバイスを創出し、超高感度な放射線センサの開発や新しい光・量子計測技術の研究を通して、原子力エネルギーや先進医療分野の発展に貢献していきます。

兼担の専攻・センター等

 原子力専攻

キーワード

超伝導、ナノテクノロジー、γ線分光、シングルフォトン、重粒子線治療

 

 

岡本 孝司 教授
おかもと こうじ/1961/神奈川

okamoto@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

ビジュアリゼーションと原子力安全

 可視化(Visualization)というキーワードの元で、物理現象の可視化や情報の可視化に関する研究を推進しています。そのままでは見ることの出来ない物理現象や複雑情報に、人間が積極的に手を加えて視る事の出来る形にする、21世紀の科学です。
 主な研究テーマは、レーザーを応用した可視化として、PIV(Particle Image Velocimetry)、PSP(Pressure Sensitive Paint)といった最先端計測技術開発や、100万画素で毎秒1万コマの高解像度高速度カメラを用いた一瞬の可視化があります。また、情報の可視化として、多次元データのフラクタル応用可視化(特許申請中)や、Web3Dを用いたインタラクティブ可視化なども進めています。
 原子力分野においても「可視化」は今後の重要なキーワードです。原子力エネルギーを巡る情勢は大きく転換点を迎えています。今までの路線を単純に走るのではなく、新しい価値観の元で、原子力エネルギーの安全活用、自動安全システムなど、チャレンジングな分野に、Trail Blazer となる人材を求めています。

兼担の専攻・センター等

 原子力専攻

キーワード

ビジュアリゼーション、可視化情報、原子力安全、シビアアクシデント、高速度流体計測

 

笠原 直人 教授
かさはら なおと/1960/東京

kasahara@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

高温構造システムの解析による設計

 原子力プラント、火力プラント、化学プラントおよびロケットエンジン等は、熱・流体・構造が関係する複雑な高温構造システムです。これらを安全に設計し運用するには、熱流動現象に基づく荷重の発生から、構造の応答と材料の高温強度までの全体像を理解した上で、それらを統合した解析と評価が必要となります。
 当研究室では、複雑なシステムの本質を理解した上で、数値シミュレーションと実験を通して、それらを簡明に記述した荷重・応答・強度の一貫評価モデルを考案することにより、安全性と信頼性に優れた高温構造システムを実現するための研究を行います。研究範囲が広いことから、他研究室、学外の研究機関およびプラントメーカと共同して研究を行っており、学生はこうしたプロジェクトへの参加を通して、社会との連携についても学ぶことが出来ます。

兼担の専攻・センター等

JAEA、JAXA客員研究員

キーワード

原子炉構造工学、高温構造設計、高速増殖炉

 

kudo工藤 久明 准教授
くどう ひさあき/1964/愛知

hkudo@nuclear.jp

 

量子ビーム高分子材料科学

 イオン加速器、電子加速器、レーザー等の設備を用いた、加速微粒子照射による高分子材料の表面損傷、高分子材料へのイオンビーム照射効果、天然高分子水溶液の放射線・光化学反応機構の研究をおこなっています。また、原子力・放射線施設周辺、宇宙空間等の放射線環境での高分子材料の耐久性、劣化機構の研究もおこなっています。
 放射線化学は、わたしたちのくらしを変え、産業をつくるポテンシャルを持っています。さらに、放射線利用のほかに、意外なところでも原子力の安全や宇宙開発にも貢献しているのです。
 日本原子力研究開発機構、放射線医学総合研究所、他大学等と共同で研究を進めています。アジア諸国とは高分子への放射線加工で、また欧米諸国とは高分子材料の試験方法等で、関係を密にしています。
 放射線・量子ビームの引き起こす現象の解明と実用展開に興味を持ち、好奇心・チャレンジ精神の旺盛な人を期待します。

兼担の専攻・センター等

本務:原子力専攻、兼担:原子力国際専攻

キーワード

放射線化学、放射線利用、高分子材料

 

小宮山 涼一 准教授
こみやま りょういち/1975/神奈川

komiyama@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

エネルギー安全保障の研究

 エネルギー資源の枯渇や供給途絶などの構造的・偶発的リスク、および環境制約の下で、エネルギーの安定供給を確保することは、経済・社会活動を維持する上で重要な課題です。様々なリスクや制約の下で、エネルギー安全保障問題の解決に役立つ方策を考えるには、エネルギー・環境技術のみならず、内外のエネルギー情勢や経済学などを幅広く理解し、俯瞰的に分析することが必要となります。
 当研究室では、エネルギー問題の本質を工学的視点、社会科学的視点から学際的に理解した上で、様々な数理的手法(数理計画法、計量経済分析等)を用いて計算機上にエネルギーモデルを構築し、その数値シミュレーション分析を通じて、その解決に資するエネルギー・環境技術の最適導入戦略や、エネルギー政策の分析に従事しております。数理的分析に興味があり、エネルギー問題に旺盛な好奇心をもつ人を期待しています。

兼担の専攻・センター等

レジリエンス工学研究センター

キーワード

エネルギー安全保障、エネルギー経済モデル、最適化、計量経済分析

 

近藤 雅裕 講師
こんどう まさひろ/1982/東京

kondo@vis.t.u-tokyo.ac.jp

 

シビアアクシデント解明に向けた最先端シミュレーション技術開発

 福島第一原子力発電所では炉心溶融が生じたと考えられていますが、溶融物がどのように流れ落ちたかについてはよくわかっていません。本研究室では,原子力発電所のシビアアクシデント時に原子炉でおこる複雑な熱流動現象をシミュレーションにより解明しようとしています。様々な物質が反応したり、混ざり合ったり、溶けたり、固まったりする現象をシミュレーションする技術を開発しています。粒子法という先端的なシミュレーション手法を使って溶融凝固を伴う熱流動解析などを行ない、シビアアクシデント時の現象を予測・解明することを目指しています。
 また、数値シミュレーションと併せて熱流動実験も積極的に行っています。シミュレーション技術の開発の第一歩は実現象を知ることだと考えるからです。実現象を理解して開発されたシミュレーション技術は、シビアアクシデント解析のみならず、土木,製鉄,樹脂成型などの他分野への展開も期待できます。実験とシミュレーションを両輪と考え、シビアアクシデント時の複雑現象の解明に挑戦しています。

兼担の専攻・センター等

原子力専攻

キーワード

数値シミュレーション、シビアアクシデント、粒子法、マルチフィジクスモデリング、熱流動

 

斉藤 拓巳 准教授
さいとう たくみ/1977/長野

saito@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

放射性核種や有害物質の環境動態研究

 放射性廃棄物の処分の実現は、原子力発電の便益を享受してきた我々世代に課せられた責務だと言えます。特に、放射能レベルの高い廃棄物を深部地層中に処分することが考えられていますが、その実現には、処分の性能評価の信頼性向上が必要です。私の研究では、特に、天然バリアと呼ばれる地下環境中での放射性核種の化学挙動の理解を目的にしております。地下環境中には、核種と相互作用する様々な物質が存在しているため、核種がとりうる化学形は多岐にわたります。そのような核種が経験する地球化学反応の中から、その移行挙動や反応性を支配する主要な反応を抜き出し、そのメカニズムを理解し、反応をモデル化することを行なっております。さらに、このような研究を通して得られた知識・ノウハウを、福島第一原子力発電所事故由来の放射性核種の土壌中での固定化メカニズムの研究、さらには、一般の有害物質の環境挙動に関する研究へと展開させております。

兼担の専攻・センター等

原子力専攻

キーワード

放射性廃棄物処分、環境動態,物理化学、地球化学、放射化学

 

mikio_sakai酒井 幹夫 准教授
さかい みきお/1973/静岡

mikio_sakai@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

最先端マルチフィジックスシミュレーション技術の開発とレジリエンス工学への応用

独自開発した世界最先端のマルチフィジックスシミュレータを駆使して、原子力/レジリエンス工学分野、環境・エネルギー工学分野および食品・製剤工学分野に研究を展開しています。 さらに、コンピュータシミュレーションの妥当性検証に関する実験も行っています。また、コンピュータグラフィックスによる物理シミュレーションの写実的な可視化に関する研究も行っています。

原子力/レジリエンス工学分野では、シビアアクシデントの現象解明のために、詳細な物理モデルの開発に取り組んでいます。シビアアクシデントのような極めて複雑な現象をきちんと模擬できるシミュレータを開発できれば、事故からの迅速な復旧のための重要な知見を得ることができます。また、本分野では、実験による検証をしたり、国内外の専門家と協力したりして、技術の確立を図っています。

研究には、自分が得意とする技術(例えば、コンピュータグラフィックスによる可視化、動画編集、並列計算、など)を積極的に取り入れて、新しいテーマを生み出したいですね。上昇志向があって元気のある学生さん、是非、一緒に研究しましょう。学生時代を振り返ったときに、「いい研究をしたな!」と思いたいですね。

 

兼担の専攻・センター等

レジリエンス工学研究センター、Visiting Reader at Imperial College London

キーワード

マルチフィジックスシミュレーション、粉体、混相流、CG、レジリエンス工学

 

佐藤 健 特任講師
さとう たけし/1980/長野

sato@atto.t.u-tokyo.ac.jp

 

高強度レーザー場中の多電子ダイナミクス

 超短パルス高強度光源を用いて物質中の電子の運動を直接観測・操作する高強度場科学・アト秒科学が急速に発展しています。とくに実験の精密化に伴い、有効一電子描像を超える多電子ダイナミクスや電子相関の効果に関心が集 まっています。トンネル電離、高次高調波発生、超閾電離、非逐次二重電離な どの非線形・非摂動論的現象を第一原理的に記述するために、レーザー場中の多電子原子・ 分子に対する時間依存シュレーディンガー方程式を数値的に解くための理論・方法論開発を行っています。実験、純理論とは相補的な数値 シミュレーションの立場から高強度レーザーと物質の織りなす新しい物理を開拓したいと考えています。

兼担の専攻・センター等

本務:光量子科学研究センター、兼担:原子力国際専攻

キーワード

高強度場科学、アト秒科学、波動関数理論、密度汎関数理論、量子化学

 

鈴木 俊一 特任教授
すずき しゅんいち/1957/神奈川

s_suzuki@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

「廃止措置工学」を通じて未来を見る

福島第一原子力発電所の廃止措置を完遂するためには、今まで誰も経験したことのない困難な課題へ挑戦する必要があります。通常のプラントの建設・保守は、過去の経験をベースにした定常問題をいかにうまく解くかが鍵ですが、事故炉の廃止措置は環境、プラント状態等が時間とともに変わりうる言わば非定常の課題です。これらの課題を克服するため、将来起こりうる事象と複数対策シナリオを評価することを主テーマとしています。

また評価の妥当性を確認するために、材料・熱流動関連の実験や解析も行います。本テーマを通して、複雑多様な廃炉プロセスに対する理解度(Skill & knowledge) を深め、分野を問わず将来直面するかもしれない多種多様な困難な課題に対する問題発見・課題解決能力を高められればと思っています。未知へ挑戦したい方、将来技術を俯瞰したい方、そして福島復興に貢献したい人材を求めています。

兼担の専攻・センター等

本務:原子力専攻  兼務:原子力国際専攻、IRID研究開発アドバイザー

キーワード

廃止措置工学、システムダイナミックス、リスク評価、材料技術、レジリエンスエンジニアリング

 

関村 直人 教授
せきむら なおと/1958/岐阜

sekimura@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

システム安全学、システム保全学、原子力材料の照射損傷と経年劣化管理

 巨大複雑系社会経済システムの安全学と保全学、原子力材料の放射線照射損傷と経年劣化対策が研究室の主テーマです。原子力材料の劣化予測手法研究としては、軽水炉圧力容器の照射脆化、炉内構造物の照射誘起応力割れ等を対象としたイオン照射試験等による実験研究を行うとともに、メカニズムに基づいたマルチスケールシミュレーションに取り組んでします。リスクデータに基づく保全最適化や知識ベース構築等のシステム保全学研究を進め、IAEAとOECD/NEAでの知識ベースシステム研究プロジェクトも推進し、この分野の世界の中核となっています。またZr-Nb系燃料被覆管材料を共同研究開発し、燃料安全性評価手法に関する研究も行っています。これらに加え、システム安全に関する研究を体系的に進めるため、産・官・学・学協会の協力の下に、原子力システムの地震安全、高経年化対策、燃料高度化に関する技術戦略ロードマップを策定しています。

兼担の専攻・センター等

原子力国際専攻の他、国際工学教育推進機構・機構長を兼務

キーワード

システム安全、システム保全、原子力材料・燃料、照射損傷、高経年化対策

 

高橋 浩之 教授
たかはし ひろゆき/1960/東京

leo@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

放射線診断・治療から線量計測・超伝導センサまで

 医療ならびに先端科学へ放射線を応用する研究を進めており、放射線画像診断や放射線治療から線量計測・物理計測などの研究を行っています。たとえば、がん診断用の小型ポジトロンCT(PET)、体内に検出器を入れる新しいPET、腫瘍部分を選択的に治療する中性子捕捉療法(NCT)、核物質分析のための高性能超伝導転移端センサ(TES)、除染のための放射線イメージング技術、新しいマイクロパターンガス検出器、中性子散乱実験用検出器、ワイヤレスセンサによる原子力プラント診断等を行っています。本学医学部、放射線医学総合研究所、原子力研究開発機構、UCバークレー、ミュンヘン工科大学、ラウエ・ランジュバン研究所、SPring-8などと協力して研究を進めており、外国人留学生が多くいるのも特徴です。

兼担の専攻・センター等

バイオエンジニアリング専攻

キーワード

放射線計測、医用診断、医学物理、イメージング

 

出町 和之 准教授
でまち かずゆき/1970/東京
demachi@nuclear.jp

 

診断:原子力、そして医療へ

 昨今、先進的医療にとっては工学の協力が必要不可欠になっています。たとえばX線CT(コンピュータトモグラフィー)やMRI(磁気共鳴診断)、PET(陽電子放射断層撮影)などによる断層画像の可視化は、体の外からは見えない癌や腫瘍などの病巣を如何に早期に発見するかに大きく貢献しています。また、治療する医師に病巣をいかに見やすい画像として渡すかは、その後の治療を大きく左右します。このような観点に立ち、医療と工学との融合である「医用工学」の研究を進めています。最近の例としては、①磁気アーティファクトを利用したMRIにおける腫瘍先鋭画像撮像、②腫瘍追跡型放射線治療装置開発のための呼吸時における肺腫瘍の動きの予測シミュレーション法の開発、などを精力的に展開しています。
 また、原子力プラントなどの複雑系システムに対する診断技術の開発も精力的に行っており、最近では各種センサのモニタリング信号をPCA(主成分解析)することでプラント異常を従来の手法より早期に発見する技術の開発を行っています。

兼担の専攻・センター等

原子力専攻

キーワード

電磁応用工学、医用応用工学、原子力保全工学

 

寺井 隆幸 教授
てらい たかゆき/1954/兵庫

tera@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

環境エネルギー材料科学と新物質創成

 水素をエネルギー媒体とした新しいエネルギーシステムは将来のエネルギーシステムとして期待されています。当研究室では、そのための研究を材料科学の立場から行っています。具体的には、一次エネルギーとしての原子力エネルギーシステムや核融合炉システムに関する要素工学の研究(新型核燃料・新型再処理・核融合炉ブランケット工学・核融合炉燃料としてのトリチウムに関する研究など)、エネルギー媒体となる水素の製造に関する研究(固体電解質水電解)、水素の利用(燃料電池の高度化)などです。また、それらを支える材料技術として、高エネルギー粒子やプラズマを用いた新物質創成や材料改質に関する研究(酸化物高温超伝導材料の超伝導特性向上、プラズマプロセスによる材料物性の制御と新材料創製など)を行っています。さらには、高温極限環境下における材料の化学的挙動に関する研究(高精度熱力学測定や高温熱物性に関する研究)を行っています。

兼担の専攻・センター等

本務:総合研究機構、兼担:原子力国際専攻

キーワード

環境エネルギー材料科学、原子力エネルギー、核融合エネルギー、水素 エネルギー、高エネルギー粒子プロセシング

 

長谷川 秀一 教授
はせがわ しゅういち/1966/東京

hasegawa@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

レーザー光を利用した単一原子・イオンの制御・検出

 量子ビーム技術の進展に伴い、光核反応・レーザー冷却・イオンビーム制御などレーザー技術や質量分析技術は著しい発展を遂げています。そこで、私たちは、このような先端技術を利用して、単一原子・イオンを制御・検出可能なシステムの開発を進めています。例えば、レーザーによりイオンを操作することで、1つ1つのイオンを可視化できます。これらの技術は、原子力・核融合・核セキュリティをはじめ、量子コンピュータ、医療、食品分析、環境安全など広範な分野で利用されます。

 単一原子・イオンを制御するための装置は今の世の中にはありません。このため、装置設計のために必要となるコンピュータ数値計算からレーザー光源・真空系・電子検出器など多くの装置を当研究室で設計・製作しています。これを利用して将来的に多岐に渡る分野への応用を目指しています。ご賛同頂ける方は、是非一緒に研究を進めましょう。

兼担の専攻・センター等

原子力専攻

キーワード

レーザー利用工学、プラズマ応用工学、先端量子システム、同位体プロセス工学、核燃料サイクル工学、原子分子光化学物理

 

藤井 康正 教授
ふじい やすまさ/1965/福岡

fujii@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

エネルギー・経済・環境システムの評価と分析

 本研究室では、主にコンピュータを利用したシステム工学における様々な手法の構築とその応用の研究を行っており、特にエネルギーシステムの計画、解析、評価を具体的な対象の一つとして取り上げています。具体的には、コンピュータ上に大規模数理計画問題として構築した世界エネルギーモデルを用いて、各種のエネルギー供給技術の可能性や、エネルギーセキュリティーの向上策や地球温暖化対策などの政策評価を試みています。また、ゲーム理論や金融工学、そしてマルチエージェントシミュレーションの手法を用いて、電力市場の制度設計や、エネルギー調達の最適戦略立案などのエネルギーマネージメントの研究も行っています。全世界を対象にした今後100年間のエネルギー問題やまだ実現されていない社会制度等を対象にするため、経済学などの工学以外の学問分野への関心と異国の遠い将来をも慮る強靭な想像力を有する人を望みます。

兼担の専攻・センター等

エネルギー工学連携研究センター

キーワード

エネルギー経済システム、技術政策評価、最適化、確率計画

 

matsuzaki松崎 浩之 教授
まつざき ひろゆき/1966/神奈川

hmatsu@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

加速器質量分析による地球環境計測

 加速器により加速されたイオンビームを用いた微量分析手法の開発とその応用研究を行っています。
 地球環境中には、宇宙線や人為的な核反応で生成した極微量の長半減期同位体が存在し、過去の気候変動の記録および現在の物質動態の情報を、10-15~10-11という極微レベルの同位体比の形で保持しています。イオンビーム分析手法の一つである、加速器質量分析によって、このような同位体比を精度良く測定することによりその情報を読み解くことができます。最近の研究テーマは、ヨウ素同位体比129I /127I を指標とした、環境中のヨウ素動態の解明と、南極アイスコア中の10Be、26Al、36Clの分析による過去の宇宙線の変動記録の解明です。 福島第一原子力発電所事故後は、ヨウ素129による事故当初の環境中のヨウ素131レベルの再構築に関する研究も重要なテーマとなっています。
 また、大気PIXEによる生体試料分析システム、NRAによるセミマクロ領域における水素分析法、重イオンERDAなどの新しい分析手法の開発にも取り組んでいます。

兼担の専攻・センター等

総合研究博物館

キーワード

加速器、イオンビーム分析、加速器質量分析、ヨウ素同位体、環境影響評価、地球化学

 

山口 彰 教授
やまぐち あきら/1957/島根

yamaguchi@n.t.u-tokyo.ac.jp

 

トランスサイエンスと原子力のリスク

 工学・技術によればより良い未来が築かれ、社会はその恩恵を享受する、そのような時代は終わりました。技術と社会とがどのように関わっていくかによって技術の価値が問われています。工学・技術には、不確かさ、想像力、未知に対する謙虚さ、意思決定といった要素が大切です。
 新しい工学・技術の時代には、どうすれば社会に受け入れられるのか、私たちの暮らしに役に立つのかを見つめ直すという、工学・技術の新しい展開が生まれます。そのために行うべき研究は、技術・工学をシミュレーションすること(現象を知る)、その功罪を明らかにすること(リスクを知る)、技術を社会に還元するための判断を行う根拠を確立すること(意思決定する)です。そこに共通する思想は、知識の欠如や未知の現象を扱うための学理(不確かさ)を構築することです。
 エネルギーはより良い社会を構築するための源泉であり根幹です。その光と、不確かさという影を定量的に評価し、意思決定するという問題に取り組む人材が求められています、東日本大震災で原子力発電所の事故を経験した日本であればこそ。共感と関心を思う方は、訪ねてきてください。

兼担の専攻・センター等

原子力専攻

キーワード

リスク評価、シミュレーション、Unknown(不確かさ)意思決定問題、原子力安全