教員紹介教員一覧

原子力エネルギー Nuclear Reactor Safety

Nuclear
Reactor
Safety

エルカン ネジェット特任准教授

NEJDET ERKANエルカン ネジェット特任准教授

erkan@n.t.u-tokyo.ac.jp

原子力安全および重大な事故の
ための実験的および数値的核熱水

実験的方法および装置は、最近非常に高度なレベルに達している。並行して、コンピュータを用いた計算は膨大な計算容量を獲得し、高度なモデリング技術を採用することにより、以前よりも複雑なシステムをシミュレートすることが可能になった。デジタル世界の成果を検証するためには、高品質な実験データ(多種多様、高次元、高精度、正確)が非常に必要です。原子力の安全性向上と原子力事故の理解を高めるために、熱水力に関する実験や数値シミュレーションを実施しています。我々は、高品質の現実のデータを取得するために流体の流れと熱流(PIV、PIV / TSP、シャドウグラフなど)診断に高度な可視化/測定技術を使用/開発しています。OpenFOAMやRELAP / SCDAPなどの計算ツールと実験で検証されたそららのモデルは、原子力発電所システムでよく見られる熱水力機構の理解を高めます。

担当の専攻・センター等

本務:原子力国際専攻

キーワード

原子力熱水力学、核安全、シビアアクシデント、粒子画像流速想定法(PIV)、OpenFOAM

Nuclear
Reactor
Safety

岡本 孝司教授

OKAMOTO Koji岡本 孝司教授

1961/神奈川
okamoto@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

シビアアクシデント・
原子力安全・ビジュアリゼーション

原子力発電所のシビアアクシデント事故では、燃料が熔融し構造材を溶かし込みながら流れていきます。この現象はmulti-physics, multi-phase,multi-dimension など、非線形現象のかたまりです。例えば福島第一原子力発電所事故も、その現象自体は非常に複雑で、未知の現象に満ち溢れています。このシビアアクシデントを中心とした、原子力発電所などにおける安全を確保するため、様々な伝熱流動現象を実験及び計算により解明しようとしています。これらの成果は、国際協力研究や、新型の原子炉設計、福島の廃止措置などに応用され、世界に貢献しています。また、可視化(Visualization)技術の応用開発も進めています。そのままでは見ることの出来ない物理現象や複雑情報に、人間が積極的に手を加えて視る事の出来る形にする、21世紀の科学です。原子力エネルギーを巡る情勢は大きく転換点を迎えています。今までの路線を単純に走るのではなく、新しい価値観の元で、原子力エネルギーの安全活用、新型エネルギーシステムなど、チャレンジングな分野に、Trail Blazerとなる人材を求めています。

担当の専攻・センター等

本務:原子力専攻
兼務:原子力国際専攻、JAEA廃炉国際共同研究センターセンター長

キーワード

福島第一廃炉工学、原子炉熱流動、高温ガス炉、流体可視化計測、V&V

Nuclear
Reactor
Safety

笠原 直人教授

KASAHARA Naoto笠原 直人教授

1960/東京
kasahara@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

高温構造システムの
解析による設計

原子力プラント、火力プラント、化学プラントおよびロケットエンジン等は、熱・流体・構造が関係する複雑な高温構造システムです。これらを安全に設計し運用するには、熱流動現象に基づく荷重の発生から、構造の応答と材料の強度までの全体を理解し、それらを統合した解析評価が必要となります。当研究室では、荷重・応答・強度の一貫評価モデルを考案することにより、安全性と信頼性に優れた高温構造システムを実現するための研究を行います。
本研究室に学ぶにあたり、原子力の特別な知識は必要ございません。原子力、機械、電気、物理、化学など幅広い分野からの学生を歓迎します。

担当の専攻・センター等

本務:原子力国際専攻
兼務:JAXA客員研究員

キーワード

構造解析、高温強度、信頼性評価、原子炉構造工学、高速炉

Nuclear
Reactor
Safety

斉藤 拓巳准教授

SAITO Takumi斉藤 拓巳准教授

1977/長野
saito@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

放射性核種や有害物質の
環境動態研究

放射性廃棄物の処分の実現は、原子力発電の便益を享受してきた我々世代に課せられた責務だと言えます。特に、放射能レベルの高い廃棄物を深部地層中に処分することが考えられていますが、その実現には、処分の性能評価の信頼性向上が必要です。私の研究では、特に、天然バリアと呼ばれる地下環境中での放射性核種の化学挙動の理解を目的にしております。地下環境中には、核種と相互作用する様々な物質が存在しているため、核種がとりうる化学形は多岐にわたります。そのような核種が経験する地球化学反応の中から、その移行挙動や反応性を支配する主要な反応を抜き出し、そのメカニズムを理解し、反応をモデル化することを行なっております。さらに、このような研究を通して得られた知識・ノウハウを、福島第一原子力発電所事故由来の放射性核種の土壌中での固定化メカニズムの研究、さらには、一般の有害物質の環境挙動に関する研究へと展開させております。

担当の専攻・センター等

本務:原子力専攻
兼務:原子力国際専攻

キーワード

放射性廃棄物処分、環境動態、物理化学、地球化学、放射化学

Nuclear
Reactor
Safety

鈴木 俊一特任教授

SUZUKI Shunichi鈴木 俊一特任教授

1957/神奈川
s_suzuki@n.t.u-tokyo.ac.jp

「廃止措置工学」を通じて
未来を見る

福島第一原子力発電所の廃止措置を完遂するためには、今まで誰も経験したことのない困難な課題へ挑戦する必要があります。通常のプラントの建設・保守は、過去の経験をベースにした定常問題をいかにうまく解くかが鍵ですが、事故炉の廃止措置は環境、プラント状態等が時間とともに変わりうる言わば非定常の課題です。これらの課題を克服するため、将来起こりうる事象と複数対策シナリオを評価することを主テーマとしています。また評価の妥当性を確認するために、材料・熱流動関連の実験や解析も行います。本テーマを通して、複雑多様な廃炉プロセスに対する理解度(Skill&knowledge)を深め、分野を問わず将来直面するかもしれない多種多様な困難な課題に対する問題発見・課題解決能力を高められればと思っています。未知へ挑戦したい方、将来技術を俯瞰したい方、そして福島復興に貢献したい人材を求めています。

担当の専攻・センター等

本務:総合研究機構
兼務:原子力国際専攻

キーワード

廃止措置工学、システムダイナミックス、リスク評価、材料技術、レジリエンスエンジニアリング

Nuclear
Reactor
Safety

関村 直人教授

SEKIMURA Naoto関村 直人教授

1958/岐阜
sekimura@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

システム安全学、システム保全学、
原子力材料の照射損傷と経年劣化管理

巨大複雑系社会経済システムの安全学と保全学、原子力材料の放射線照射損傷と経年劣化対策が研究室の主テーマです。原子力材料の劣化予測手法研究としては、軽水炉圧力容器の照射脆化、炉内構造物の照射誘起応力割れ等を対象としたイオン照射試験等による実験研究を行うとともに、メカニズムに基づいたマルチスケールシミュレーションに取り組んでします。リスクデータに基づく保全最適化や知識ベース構築等のシステム保全学研究を進め、IAEAとOECD/NEAでの知識ベースシステム研究プロジェクトも推進し、この分野の世界の中核となっています。またZr-Nb系燃料被覆管材料を共同研究開発し、燃料安全性評価手法に関する研究も行っています。これらに加え、システム安全に関する研究を体系的に進めるため、産・官・学・学協会の協力の下に、原子力システムの地震安全、高経年化対策、燃料高度化に関する技術戦略ロードマップを策定しています。

担当の専攻・センター等

本務:原子力国際専攻
兼務:副学長(国際、日本語教育)

キーワード

システム安全、システム保全、原子力材料・燃料、照射損傷、高経年化対策

Nuclear
Reactor
Safety

高田 孝特任教授

TAKATA Takashi高田 孝特任教授

1970/愛媛
takata_t@n.t.u-tokyo.ac.jp

工学におけるリスク理解の
深化と意思決定への寄与

絶対に安全な工学システムはありません。工学システムが潜在的に内在しているリスクを定性・定量的に理解することは、システムの安全性に真摯に向き合い、システム利用に関する意思決定を行う際の重要な要素の一つとなります。
原子力発電所のような大規模なシステムでは、リスクとして起こり得る事象は不確かさも大きく多岐に亘ります。これらを定性・定量的に評価するためには論理的な考察が可能な方法論が必要であり、関連する基礎実験だけではなく数値技術を援用した手法開発を行っています。
また、リスク評価から得られた情報にはどのような性質があり、意思決定にどのように関わるべきかを考察、検討することで、意思決定過程において効果的にリスク情報を活用できる素養を持った人材の育成を行っています。

担当の専攻・センター等

本務:リスク俯瞰工学講座
兼務:原子力国際専攻

キーワード

リスク評価、熱流動、数値シミュレーション、不確かさ、意思決定、原子力安全

Nuclear
Reactor
Safety

出町 和之准教授

DEMACHI Kazuyuki出町 和之准教授

1970/東京
demachi@nuclear.jp

ウェブサイト

原子力と医療を
対象とした検知&診断

画像を応用したシステムの異常検知・診断の技術の開発と、医療と工学の融合分野として医用画像技術の開発を行っています。
①原子力発電所等における監視カメラ動画像時系列データ解析を用いた内部脅威者妨害破壊行為の検知技術、
②各種センサ信号の時系列解析による異常発生の予兆段階での検知、
③放射線治療装置X線画像解析を用いた腫瘍位置&形状追尾型放射線治療システム

担当の専攻・センター等

本務:原子力国際専攻
兼務:原子力専攻

キーワード

核セキュリティ、医用画像、異常検知、異常診断

Nuclear
Reactor
Safety

山口 彰教授

YAMAGUCHI Akira山口 彰教授

1957/島根
yamaguchi@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

トランスサイエンスと
原子力のリスク

工学・技術によればより良い未来が築かれ、社会はその恩恵を享受する、そのような時代は終わりました。技術と社会とがどのように関わっていくかによって技術の価値が問われています。工学・技術には、不確かさ、想像力、未知に対する謙虚さ、意思決定といった要素が大切です。
新しい工学・技術の時代には、どうすれば社会に受け入れられるのか、私たちの暮らしに役に立つのかを見つめ直すという、工学・技術の新しい展開が生まれます。そのために行うべき研究は、技術・工学をシミュレーションすること(現象を知る)、その功罪を明らかにすること(リスクを知る)、技術を社会に還元するための判断を行う根拠を確立すること(意思決定する)です。そこに共通する思想は、知識の欠如や未知の現象を扱うための学理(不確かさ)を構築することです。
エネルギーはより良い社会を構築するための源泉であり根幹です。その光と、不確かさという影を定量的に評価し、意思決定するという問題に取り組む人材が求められています、東日本大震災で原子力発電所の事故を経験した日本であればこそ。共感と関心を思う方は、訪ねてきてください。

担当の専攻・センター等

本務:原子力専攻
兼務:原子力国際専攻、大阪大学大学院 招聘教授

キーワード

リスク評価、シミュレーション、Unknown(不確かさ)意思決定問題、原子力安全

放射線応用 Radiation Sources , Detection & Measurement

Radiation
Sources ,
Detection &
Measurement

石川 顕一教授

ISHIKAWA Kenichi石川 顕一教授

1969/大阪
ishiken@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

レーザーと原子・分子・
固体の相互作用

最先端のレーザーパルスが物質・生体中に引き起こす効果とその応用を、理論と第一原理計算によって研究しています。主要なテーマは「光と電子の量子力学シミュレーション」です。電子は、分子や固体の中で原子同士を結びつけ、化学結合や化学反応を担っています。電子は、エレクトロニクスデバイスや生体中で情報を伝達し、植物の光合成においては光を化学エネルギーに変換します。私たちは、光量子と原子・分子・固体中の電子がお互いに及ぼす作用を、量子力学にもとづいた第一原理シミュレーションで研究しています。このような研究を通して、生体分子への放射線影響、化学反応、光合成などにおける電子の動きを明らかにし、また、次世代レーザー加工シミュレーターを開発することを目指しています。

担当の専攻・センター等

本務:原子力国際専攻
兼務:光量子科学研究センター、理学系研究科物理学専攻

キーワード

レーザー、原子物理、量子力学、第一原理計算、レーザー加工

Radiation
Sources ,
Detection &
Measurement

上坂 充教授

UESAKA Mitsuru上坂 充教授

1957/神奈川
uesaka@tokai.t.u-tokyo.ac.jp

先進小型加速器・レーザーの
開発と原子力・医療・社会/
産業インフラ検査への応用

「研究紹介」
各種小型高品質ビーム電子ライナック(線形加速器)・レーザーを開発しています。医療応用として、ピンポイントX線動体追跡がん治療システム、またそのための治療計画システム、電子ライナックによるMo/Tc製造システムの開発があります。社会/産業インフラ(橋梁・各種製造プラント)のその場透視非破壊検査用可搬型ライナックX線源が実用化されました。また中性子発生にも成功し、福島燃料デブリ分析・橋梁の水分検出に適用します。ファイバーレーザーを使ったオンチップナノサイズビーム源(電子・X線・陽子・炭素等)を開発し、がん治療・低線量被ばくのための基礎研究に応用します。
「学生へのメッセージ」
個性を大事にして伸ばしていってください。周りとの柔和も大切。趣味も深く、あるいは広くもって、人間性も豊かに。学生の頃から海外経験を積極的に作ってください。

担当の専攻・センター等

本務:原子力専攻
兼務:原子力国際専攻、バイオエンジニアリング専攻

キーワード

先進小型加速器・レーザー、がん治療、放射線生物、医学物理、非破壊検査

Radiation
Sources ,
Detection &
Measurement

大野 雅史准教授

OHNO Masashi大野 雅史准教授

1973/京都
ohno@n.t.u-tokyo.ac.jp

超伝導量子センサが切り拓く
原子力基盤計測

放射線計測学は光や電子、粒子線等と検出媒体の物理的あるいは化学的な相互作用により生じる微弱な信号を低ノイズ環境において増幅して読み出し、適切な信号処理を経てはじめて計測データを得る一連の知見を体系化したものであり、物理学、化学はもちろん、微細加工、電子回路技術から高度な情報処理に至る多くの学問領域の上に構築される学術です。これらの学問に精通した者が、先進のナノテクノロジーや集積デバイス技術、エレクトロニクスを駆使することにより、極限にまで放射線計測技術を高度化し、従来見えなかった物理現象や生体現象を放射線をツールとして初めて見る・観察することを可能にしていく、このような研究こそが、最先端科学を切り開く行為そのものと言えるでしょう。当研究室では、極低温物理、超伝導現象、量子効果等を巧みに利用した革新的なデバイスを創出し、超高感度な放射線センサの開発や新しい光・量子計測技術の研究を通して、原子力エネルギーや先進医療分野の発展に貢献していきます。

担当の専攻・センター等

本務:原子力専攻
兼務:原子力国際専攻

キーワード

超伝導、ナノテクノロジー、γ線分光、シングルフォトン、重粒子線治療

Radiation
Sources ,
Detection &
Measurement

工藤 久明准教授

KUDO Hisaaki工藤 久明准教授

1964/愛知
hkudo@nuclear.jp

量子ビーム
高分子材料科学

わたしたちのくらしを変え、産業をつくるポテンシャルを持ち、さらに、原子力の安全や宇宙開発にも貢献する「放射線化学」の研究をしています。とくに、高分子に力点をおいて、ガンマ線、電子線、イオンビーム等を用いた、高分子材料の放射線化学・反応機構・照射効果の研究をおこなっています。放射線利用に加えて、原子力・放射線施設周辺、宇宙空間等の放射線環境での高分子材料の耐久性、劣化機構の研究もおこなっています。いろいろなことに興味を持ち、勉強したうえで、とくに放射線・量子ビームの引き起こす現象の解明と実用展開に興味を持ち、好奇心・チャレンジ精神の旺盛な人を期待します。

担当の専攻・センター等

本務:原子力専攻
兼務:原子力国際専攻

キーワード

放射線化学、放射線利用、高分子材料、放射線劣化

Radiation
Sources ,
Detection &
Measurement

高橋 浩之教授

TAKAHASHI Hiroyuki高橋 浩之教授

1960/東京
leo@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

放射線診断・治療から
線量計測・超伝導センサまで

医療ならびに先端科学へ放射線を応用する研究を進めており、放射線画像診断や放射線治療から線量計測・物理計測などの研究を行っています。たとえば、がん診断用の小型ポジトロンCT(PET)、体内に検出器を入れる新しいPET、腫瘍部分を選択的に治療する中性子捕捉療法(NCT)、核物質分析のための高性能超伝導転移端センサ(TES)、除染のための放射線イメージング技術、新しいマイクロパターンガス検出器、中性子散乱実験用検出器、ワイヤレスセンサによる原子力プラント診断等を行っています。本学医学部、放射線医学総合研究所、原子力研究開発機構、UCバークレー、ミュンヘン工科大学、ラウエ・ランジュバン研究所、SPring-8などと協力して研究を進めており、外国人留学生が多くいるのも特徴です。

担当の専攻・センター等

本務:総合研究機構
兼務:原子力国際専攻、バイオエンジニアリング専攻

キーワード

放射線計測、医用診断、医学物理、イメージング

Radiation
Sources ,
Detection &
Measurement

長谷川 秀一教授

HASEGAWA Shuichi長谷川 秀一教授

1966/東京
hasegawa@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

レーザー光を利用した
同位体レベルの制御・検出

レーザー技術の進展に伴い、光を含めた量子ビーム利用技術も、光核反応、レーザー冷却、イオンビーム制御など著しい発展を遂げています。また電磁場を用いた質量分析技術も高度化しています。そこで、このような先端技術を単一原子レベルでの操作・検出という観点でシステム化するための研究を進めています。例えば、レーザーによりイオンを操作することで、1つ1つのイオンを可視化できるようになっています。この技術を、原子力をはじめ、医療、トレーサー利用、環境や核セキュリティなど広範な分野での利用を目指しています。これらを実現するための装置は世の中にないことから、レーザー光源から真空系や検出系など多くの装置を研究室で設計・製作しています。装置設計のために必要となる荷電粒子軌道シミュレーションから、半導体レーザーシステムの製作まで広範な分野に及びます。どなたにも興味の持てることがありますので、是非一緒に研究をすすめましょう。

担当の専攻・センター等

本務:原子力専攻
兼務:原子力国際専攻

キーワード

レーザー利用工学、先端量子システム、同位体プロセス工学、核燃料サイクル工学、原子分子光化学物理

Radiation
Sources ,
Detection &
Measurement

松崎 浩之教授

MATSUZAKI Hiroyuki松崎 浩之教授

1966/神奈川
hmatsu@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

加速器質量分析による
高感度核種分析

加速器により生成されたイオンビームを用いた微量核種分析手法の開発とその応用研究を行っています。
地球環境中には、宇宙線や人為的な核反応で生成した微量の長半減期放射性同位体が存在し、過去の気候変動の記録や現在の物質動態の情報を保持していますが、その多くは未知のものです。本研究室では、加速器質量分析法(AcceleratorMassSpectrometry)による新しい核種の分析法の開発を行っています。また、新たに分析可能となった核種が持つ情報を生かした、地球環境中の新しい同位体システムの研究を行っています。最近では、高感度なヨウ素129(129I)の分析手法(129I-AMS)を開発し、地球環境中におけるヨウ素同位体システム(129I/127I)の研究を進めてきました。自然環境におけるヨウ素のグローバルな循環や炭素循環との関係、人為起源の129Iの分布状況などが分かってきました。福島第一原子力発電所事故後は、129Iによる、事故当初の131Iの放出状況や分布の再構築も重要なテーマとなっています。加えて今後は、36Cl-AMSの高感度化、アクチノイド系(ウラン、プルトニウム)AMSの開発に取り組みます。これらの核種は、原発事故の環境影響評価の上で重要であるばかりでなく、自然環境中の新たな物質トレーサーとしても大変有望です。

担当の専攻・センター等

本務:総合研究博物館
兼務:原子力国際専攻

キーワード

加速器質量分析、ヨウ素同位体、福島第一原子力発電所事故、環境影響評価、地球環境

Radiation
Sources ,
Detection &
Measurement

山下 真一准教授

YAMASHITA Shinichi山下 真一准教授

1979/奈良
shin1@tokai.t.u-tokyo.ac.jp

放射線が物質にもたらす
“変化”の初期ダイナミクスの解明

原子力分野における問題の多くは放射線抜きには考えられません。一方でがん治療(医療)や材料創成(産業)において放射線は欠かせないツールとなっています。短所を最小限に抑え長所を最大限に活かすためには、放射線がもたらす現象を知っておく必要があります。私たちはピコ秒(1兆分の1秒)からマイクロ秒(100万分の1秒)までの間に起こる物理化学から後続の化学反応、さらには生化学との境界までを対象とし、放射線が物質中にもたらす“変化”の初期ダイナミクスの解明に取り組んでいます。
がん治療関連では、“微量添加薬剤による放射線防護/増感”、“放射線で生じた電子によるDNA損傷”、“がん治療用重粒子線による水分解”、“ポリマーゲル線量計開発”、原子力関連では、“海水成分(ハロゲン化物イオン)の化学形態変化”、“水素発生への沸騰の影響”、“金属酸化物ナノ微粒子との界面での水の放射線分解”、等に取り組んでいます。特に界面での放射線効果は未開拓で挑戦しがいのある領域です。

担当の専攻・センター等

本務:原子力専攻
兼務:原子力国際専攻

キーワード

放射線誘起現象(物理化学から生化学)、がん治療、DNA損傷、原子炉水化学

モデリング&シミュレーション Advanced Modeling & Simulation

Advanced
Modeling &
Simulation

小宮山 涼一准教授

KOMIYAMA Ryoichi小宮山 涼一准教授

1975/神奈川
komiyama@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

エネルギー安全保障の
数値シミュレーション分析

エネルギー資源の枯渇や供給途絶などのリスクを考慮して、エネルギー安全保障問題の解決に役立つ方策を考えるには、技術のみならず、経済学などを幅広く理解し、俯瞰的に分析することが必要です。私たちは、エネルギー問題の本質を工学的、社会科学的視点から理解した上で、様々な数理的手法を用いて計算機上にエネルギーモデルを構築し、その数値シミュレーション分析を通じて、技術や政策の分析に従事しています。様々な分野の数理的分析に興味があり、エネルギー問題に好奇心をもつ学生を期待します。エネルギーや原子力以外の分野(物理、化学、土木、機械、電気、経済等)の出身の学生も大歓迎です。

担当の専攻・センター等

本務:原子力国際専攻
兼務:レジリエンス工学研究センター(講義)

キーワード

エネルギー安全保障、エネルギー経済モデル、最適化、計量経済分析

Advanced
Modeling &
Simulation

酒井 幹夫准教授

SAKAI Mikio酒井 幹夫准教授

1973/静岡
mikio_sakai@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

革新的マルチフィジックス
シミュレーション

粉体/混相流が係わるマルチフィジックスシミュレーション技術は、原子力工学はもちろんのこと、化学工学、機械工学、食品工学、製剤をはじめ幅広い分野に応用できます。原子力工学における数値シミュレーションの技術レベルは、計算対象が過酷環境となるゆえに、極めて高い水準にすべきと考え、当グループは粉体/混相流の数値シミュレーション分野において世界を牽引する計算技術を開発しています。民間企業との共同研究や海外の研究機関との国際共同研究を通じて、研究で培われた技術が社会に還元されていくことを実感しています。物理モデルの開発、並列計算アルゴリズムの開発、シミュレーションの可視化技術の開発、粉体・混相流が係わる複雑な現象の解明に関する研究に取り組みたい学生を歓迎します。旺盛な好奇心を持ち、何事にも謙虚に取り組む姿勢を心がけ、充実した学生生活を送ってください。

担当の専攻・センター等

本務:レジリエンス工学研究センター
兼務:原子力国際専攻、Imperial College London(客員准教授)

キーワード

シミュレーション、粉体、混相流、コンピュータグラフィックス

Advanced
Modeling &
Simulation

佐藤 健准教授

SATO Takeshi佐藤 健准教授

1980/長野
sato@atto.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

高強度レーザー場中の
多電子ダイナミクス

超短パルス高強度光源を用いて物質中の電子の運動を直接観測・操作する高強度場科学・アト秒科学が発展しています。とくに実験の精密化に伴い、有効一電子描像を超える多電子ダイナミクスや電子相関の効果に関心が集まっています。トンネル電離、高次高調波発生、超閾電離、非逐次二重電離などの非線形・非摂動論的現象を第一原理的に記述するために、レーザー場中の多電子原子・分子に対する時間依存シュレーディンガー方程式を数値的に解くための世界最先端の理論・方法論開発を行っています。理論と数値シミュレーションを駆使して高強度レーザーと物質の織りなす新しい物理を開拓したいと考えています。

担当の専攻・センター等

本務:原子力国際専攻
兼務:光量子科学研究センター

キーワード

高強度場科学、アト秒科学、波動関数理論、密度汎関数理論、量子化学

Advanced
Modeling &
Simulation

藤井 康正教授

FUJII Yasumasa藤井 康正教授

1965/福岡
fujii@n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

エネルギー・経済・環境
システムの評価と分析

コンピュータ上に大規模数理計画問題として構築した世界エネルギーモデルを用いて、各種のエネルギー供給技術の可能性や、エネルギーセキュリティーの向上策や地球温暖化対策などの政策評価を試みています。また、ゲーム理論や金融工学、そしてマルチエージェントシミュレーションの手法を用いて、電力市場の制度設計や、エネルギー調達の最適戦略立案などのエネルギーマネージメントの研究も行っています。
私は電気工学科の出身です。エネルギー問題全般をバランスよく把握するためには、原子力エネルギーに関する正確な知識と経験に基づく感覚が重要なように思います。

担当の専攻・センター等

本務:原子力国際専攻
兼務:レジリエンス工学研究センター

キーワード

エネルギー経済システム、技術政策評価、最適化、確率計画

材料 Materials in Extreme Environments

Materials in
Extreme
Environments

阿部 弘亨教授

ABE Hiroaki阿部 弘亨教授

1966/大分
abe.hiroaki@n.t.u-tokyo.ac.jp

材料開発から目指す
究極の原子力安全

地球規模の課題や原子炉事故を受けて、原子力安全を支える材料の重要性は高まっています。私たちは、将来のエネルギー源として期待される核融合炉や新型原子炉(第IV世代炉)の開発、および現行原子炉の安全性向上に資する材料研究を進めています。原子炉という極限環境における鉄鋼材料やZr合金の劣化(照射、腐食、水素化、等)のメカニズムを、微細組織分析と機械強度測定から解明しています。それを発展させ、新材料や新しい試験法も開発しています。研究手法は多彩で、顕微鏡法として透過電子顕微鏡(TEM)、超高圧電子顕微鏡(HVEM)、加速器結合型電子顕微鏡、走査電子顕微鏡(SEM)、電子後方散乱回折(EBSD)等、また機械試験法として改良型中子拡管(A-EDC)試験、引張試験、クリープ試験、ナノ硬度等、さらに理論的評価として有限要素法(FEM)や分子動力学法(MD)を活用しています。

担当の専攻・センター等

本務:原子力専攻
兼務:原子力国際専攻

キーワード

原子炉、核融合炉、原子力材料開発、極限環境下劣化メカニズム、照射損傷、放射線物性工学

Materials in
Extreme
Environments

陳 東鉞特任講師

Dongyue CHEN陳 東鉞特任講師

1987/中国杭州
dychen@safety.n.t.u-tokyo.ac.jp

ウェブサイト

原子力材料の経年劣化管理

原子力材料を含むプラントの経年劣化を理解することは、原子力安全における重要な課題です。プロアクティブな経年劣化管理を達成するために、実験とモデリングのツールを組み合わせて、原子力材料の経年劣化メカニズムを研究しています。安全上重要な機器(炉心構造物、原子炉圧力容器、燃料被覆管など)に注目し、In-situ TEM(透過型電子顕微鏡)やAPT(アトムプローブ)などの最先端技術を利用して、それらの照射欠陥の発達を解明しています。経年劣化メカニズムに基づいて、通常運転および事故状態中の原子力材料の挙動が定量的に予測されます。

担当の専攻・センター等

本務:原子力国際専攻

キーワード

経年劣化管理、原子力材料、照射欠陥

在学生向けコンテンツ

このコンテンツはパスワードで保護されています。
閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

CLOSE