【受賞/表彰等】酒井研究室(D1)鵜殿寛岳さんがThe 3rd International Symposium on Multiscale Multiphase Process Engineering (MMPE2017)においてOutstanding Poster Presentation Awardを受賞されました。


【受賞/表彰等】酒井研究室(D1)鵜殿寛岳さんがThe 3rd International Symposium on Multiscale Multiphase Process Engineering (MMPE2017)においてOutstanding Poster Presentation Awardを受賞されました。

 

udono-1

 

■受賞日

2017年5月10日

■氏名

鵜殿寛岳

■学部・研究科、学科(類・課程)・専攻等 と 学年

工学系研究科原子力国際専攻 博士課程1年

■受賞した賞の名称と簡単な説明

2017年5月10日、原子力国際専攻(D1)鵜殿寛岳さんがThe 3rd International Symposium on Multiscale Multiphase Process Engineering (MMPE2017)においてOutstanding Poster Presentation Awardを受賞されました。MMPEは、マルチスケール・マルチフェーズの複雑な現象を扱う化学工学に関する成果発表の場として3年に1回開催され、優秀な発表を行った学生を対象にポスター賞の表彰を行っています。

■受賞された研究・活動について

講演タイトル

A Study on Particle Focusing in a Confined Flow

講演概要

数十マイクロメートルほどの細さのマイクロ流路に懸濁液を流すと、分散する粒子は径方向に移動し流路断面中の特定の領域に集約することができます。このユニークな現象とその応用に関わる分野は、“Inertial microfluidics”と呼ばれています。本研究ではこれまでに、離散要素法と埋込境界法をカップリングさせた数値計算手法を開発することで、多数粒子を含む流体がマイクロ流路内を流れる際に現われる粒子の集約ダイナミクスをシミュレーションするのに世界ではじめて成功していました。

今回は、シミュレーション研究で一般的に使われる周期境界条件が与える粒子の挙動について、流路長が粒子挙動に影響を与えないとするこれまでの評価が、本手法にはあてはまらないことを初めて示すことができました。これにより、マイクロ流路内の粒子挙動をシミュレーションさせる流路体系に関する重要な指針が得られました。

■今後の抱負・感想

このたびはMMPE2017でOutstanding Poster Presentation Awardをいただくことができ、大変光栄に存じます。ご指導を賜りました酒井幹夫准教授、ならびに秘書の方々および研究室で日頃机を並べているメンバーの皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。この賞の名に恥じぬよう今後も一層精進してまいります。

 

■Name

Hirotake Udono

■Faculty/Graduate School, Department (Stream / Program) / Major

Ph.D. candidate (1st year), Department of Nuclear Engineering and Management, School of Engineering

■Name of award and short explanation about the award

On May 10, 2017, Hirotake Udono, Ph.D. student at the Department of Nuclear Engineering and Management, won the Outstanding Poster Presentation Award at the 3rd International Symposium on Multiscale Multiphase Process Engineering (MMPE2017). This symposium is held once in every three years and aimed at giving researchers and students the opportunities to present their results and ideas on complex multiphase and multiscale dynamics in chemical engineering. The students who give excellent poster presentation are entitled to the Outstanding Poster Presentation Awards.

■About awarded research

We’re currently working on inertial microfluidics. Micro particles exhibit focusing behavior in a counterintuitive way when they flow with the fluid at high throughput through microchannels. This unique behavior facilitates continuous high-throughput manipulation of fine particles such as cells in fluids. We had already developed a new method that can simulate properly the dynamics of focusing of particles flowing in microchannels.

 At the symposium, I presented important guidelines as to the effect of the microfluidic channel length with periodic boundary conditions on the particle behavior.

■Your impression & future plan

It was my great honor to win the award at the symposium. I really appreciate Prof. Mikio Sakai for his sincere guidance and advice, the secretaries for their kind support, and all of my colleagues. To deserve this award, I’ll keep full commitment to my work.